スーツの人達

海外でラーメン店をオープンさせよう|独立開業ならフランチャイズで

将来性が有望な市場へ進出

スーツの人達

人口ボーナスが期待できる

インドネシアは中国やインド、アメリカに次ぐ人口が4位の国となっています。しかしも、人口構成が比較的若いことから、今後の経済成長が加速する人口ボーナスを得る期待が存在します。そのため、現在はインドネシアでの会社設立を行うには、良い機会と言えます。近年のインドネシアでは経済発展に伴って、社会インフラの整備が急速に進んでいます。交通機関などの社会インフレが整ってきたことで、人や物の移動がスムーズとなり、様々なビジネスが展開できるようになってきています。また、インドネシアでは中流層が急速に裕福になってきていることから、これまでに普及していなかった商品の購買意欲が高まってきています。そうした環境から、従来にはなかった分野での会社設立には将来性があります。

親日国であることの意義

インドネシアでは、以前から親日国であった特徴が挙げられます。そのため、日本の商品に対する憧れが存在します。したがって、日本人でも会社設立によって、自社の商品の販売を拡大させる余地は十分にあります。とくに日本の品質の高い製品であれば、インドネシアで受け入られる可能性が高いです。しかし、インドネシアでは中流層の所得水準はまだ低い状況があるため、日本の商品でも価格を下げた物を売ることが重要になってきます。日本で販売されている物よりは、一つあたりの量を減らすなどして買い求めやすい価格にすると良いです。また、外食の会社設立においては、イスラム圏であることを念頭に置く必要が重要です。イスラムの人でも食べられる食材だけを使ったメニューを開発するようにしたいです。